トップ画像




スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
何故、牡蠣が危ないの?
2006-12-18 Mon 06:27
牡蠣による感染が多いと言いましたね。

「何故、牡蠣にはノロウィルスが潜んでいる可能性が高いのか。」



それは、牡蠣が栄養豊富な河川で養殖されている事に由来します。

下水の中にノロウィルスが含まれていることが、近年下水の検査を通じてわかりました。

これが河川を通じて海に流れ込みます。

この時、牡蠣等の二枚貝は大量の水を吸い込んで餌を取り込むため、餌と一緒にノロウィルスも体内に飲み込み、濃縮してしまいます。

従って、貝の育った環境がどの程度このウィルスに汚染されているかによって体内に濃縮されるウィルスの量も変化するのです。

特に栄養豊富な河川にはノロウィルスが発生しやすく、牡蠣はその環境を好んで養殖される為、ノロウィルスを体内に溜め込みやすいのです。
スポンサーサイト

未分類 | トラックバック:0
<<生食用の牡蠣は大丈夫? | ノロウィルスに気をつけろ! | どの様に感染するの?>>
| ノロウィルスに気をつけろ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。