トップ画像




スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
 ノロウイルスによる感染性胃腸炎が今シーズンに入り、全国で急増している。特に、抵抗力が弱い子どもや高齢者の患者が目立つという。

 小児科医療機関約3千カ所を定点調査する国立感染症研究所の感染症情報センターによると、11月13日からの1週間で1機関あたりの患者数は平均16・4人で、昨年同時期の約2.7倍に達した。過去10年間で最も速いペースで増えており、富山、京都、兵庫など12府県で警報を出す指標の同20人を突破。西日本を中心に流行が始まり、中部や関東に拡大したという。

 大阪府でも、11月の集団感染(10人以上)が4千人を超え、昨年同月(400人)の10倍に達した。感染で体力が落ちた10人以上の高齢者が肺炎などで死亡している。府によると、今年検出されたウイルスの大半は「GII4」と呼ばれる遺伝子型のもの。細胞に吸着する効率がよく、感染性が強いという。

----------------------------------------引用元(http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2006120400721.html

今年は、特に酷いそうですね。

今年のノロウィルスの感染は牡蠣によるものではなく、人から人への感染によるものだとテレビに出ていた医師が言っていました。

予防法、かかってしまった時の対処法、覚えてますか?

覚えてないなら、ちゃんと過去ログを読みましょう。
スポンサーサイト

未分類 | トラックバック:0
<<高齢者施設で集団感染 | ノロウィルスに気をつけろ! | ノロウィルスとは>>
| ノロウィルスに気をつけろ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。